クレーンベルとドーブベルの違い

LONE ONES(ロンワンズ(旧レナードカムホート)のベルは数種類ありますが、特に人気なのが【クレーンベル】【ドーヴベル】です。

2つともネックレスだけでなくピアスやブレスレットにも使われる代表的なベルです。

この2つのベルですが知らない人が初めて見るとパット見同じに見えますよね?

そこで今日は人気ベル【クレーンベル】【ドーヴベル】の違いについて書きます。

美しいクレーンベルとドーヴベル

まずは2つの写真を見てみましょう。

これと

 

View this post on Instagram

 

LONE ONESさん(@lone_ones_japan)がシェアした投稿 -

これです。

 

 

View this post on Instagram

 

LONE ONESさん(@lone_ones_japan)がシェアした投稿 -

どちらがクレーンベルかわかりますか?

正解は上が【クレーンベル】下が【ドーヴベル】です。

ちなみ2つとも鳥をモチーフにした【メイティングフライトコレクション】という作品のアイテムです。

クレーンは【鶴】ドーヴは【鳩】の意味です。

よく見るとはっきりと違いがわかります。

まずクレーンベルですが、鳥が逆さまに描かれています。(クチバシが左上に上がって描かれている)

ドーブはクチバシが下に向かって描かれているのが違いです。

よくみると全然違いますよね。

クレーンベルとドーブベルの大きさと価格と音色の違い

 

 

View this post on Instagram

 

LONE ONESさん(@lone_ones_japan)がシェアした投稿 -

2つの大きさを同じMサイズで比べると

クレーンベルは全長約5センチ

ドーブベルは全長約3.6センチ

とクレーンベルのほうが大きいです。

音に関しても個体差はありますが同じサイズでも大きいぶんクレーンベルのほうが大きい音がします。

価格を見ると

クレーンベルMサイズ ¥90000

ドーヴベル Mサイズ ¥60000

当然クレーンベルのほうが大きいので価格も上がります。

クレーンベルとドーヴベルどちらがおすすめ?

これは個人で意見が違うと思います。

同じサイズ(Mサイズ)でネックレスにするなら私的にはドーブベルがおすすめです。

やはりドーブベルのほうが、細身な分シンプルでさり気なく身につけられます。

音に関しても、ドーブベルMサイズなら歩いて揺れるたびにちょうどよい音色を奏でてくれます。

クレーンベルは人によっては音が大きすぎると感じる人もいます。

特に女性がつけるならかわいらしいドーヴベルがおすすめです。

クレーンベルとドーヴベルおすすめのサイズ

クレーンベルのSサイズなら大きさが全長3.3センチと小ぶりですのでネックレスにちょうどいい大きさかと思います。

音色を追求したい方はより音が鳴るMサイズがおすすめです。

以上、ロンワンズのクレーンベルとドーヴベルの違いでした。

LONE ONESのアクセサリーなら【BeyondCool〜ビヨンクール】もしくは【キングスロード】がおすすめ

おすすめの記事