ハガティーで磨く

loneones シルクリンクブレスレットSサイズ

シルバーアクセサリーの魅力の一つに鏡面のピカピカ感があると思います。
ただシルバーアクセサリーを持っている人ならわかると思いますが、新品のときはピカピカなんですが銀製品て放っておくと変色しますよね。
これってべつに汚れたわけじゃなくて、シルバーなら当たり前の現象なんです。
今日は変色したシルバーアクセサリーをピカピカにする方法と必要なものについて書きたいと思います。

シルバーはレザーアイテムと同じようにメンテナンスが必要

レザー製品て放っておくと革の水分が乾いたりして傷んでしまうんですよね。そうなる前に専用のワックスで定期的に磨いてあげると艶が復活したりで愛着が湧いたりするもんなんです。
シルバーアクセサリーもちょっと似ていて、変色したアクセサリーは定期的に磨いてあげると新品のようにピカピカになるんです。
シルバーアクセサリーが好きな人ってこの磨きの作業も好きな人も多いと思います。
私もそうなんです。もともとピカピカした光り物が好きなので、くすんでしまったシルバーを磨いてピカピカにしてはムフフってなってます。

シルバーアクセサリーの磨き方とおすすめのシルバーポリッシュ

じゃ磨きましょうって言ってもただ普通の布で磨いても変色したシルバーアクセサリーは元に戻りません。
シルバーをピカピカにするのに必要なものがあります。
それが【シルバーポリッシュ】です。
ポリッシュにも色々あって、よく見るのは布に磨き成分を染み込ませたクロスですね。
ブランドアクセサリーを買うとおまけで付いてきたりするあれです。
まあこれでも全然いいんですけど、私が使っているのはこれです↓

シルバーポリッシュ ハガティー
ハガティー社のシルバーポリッシュ。
ちなみにハガティー社は銀製品磨きのプロフェッショナルでして、宝石磨きの分野でトップシェアな会社なんです。
このポリッシュはただ磨くだけでなく変色防止効果もありますので一度磨くとピカピカが長時間持続。
磨くのが面倒な人にもおすすめ。

ハガティーシルバーポリッシュで実際に磨いてみよう

ではハガティーがどんなもんか実際に磨いてみたい思います。
今日の準主役に登場してもらいましょう!

ロンワンズ ドーヴベル
すっかりシルバーの輝きを失ってしまったロンワンズのドーブベルSサイズくんです。

ドーヴベル
普通の色と比べるとこんな感じです。かなり変色してしまってます。じゃこいつをピカピカにします。

ハガティー
↑ハガティーの中身は半液体状になってまして、こいつを柔らかい布にちょこんと出して使います。
ない人はティッシュでもオッケー!

ハガティー
磨くとこんな感じに黒く汚れます。
シュコシュコ磨いていきます・・・

ハガティーで磨く
ベルの内側も磨きます。
内側は布だと磨きにくいので、リューターにバフビットを付けて磨きます。

ハガティーで磨く
磨いていると他のベルの内側の変色も気になったので一緒に磨きました。

じゃじゃーん!

一番右が汚かったドーブベルSサイズサイズくんです。
ハガティー磨き
新品みたいにピカピカです。
内側も磨いたので刻印もはっきり見えます。

ハガティー磨き
ちなみにロンワンズのベルは内側をしっかり磨いてあげると、気持ちベルの音がよくなります。
こうやってピカピカに磨くのもシルバーアクセサリーの楽しいところです。

ハガティーのポリッシュをすすめる理由

ハガティーポリッシュ

というわけでハガティーのシルバーポリッシュはしっかり変色したシルバーをピカピカにしてくれます。
なぜこいつをおすすめするかといいますと、とりあえず内容量が多く1回の使用量が少ない。
ハガティー
でシルバーアクセサリーを磨いた跡↑がポリッシュクロスのようになるので、磨いた跡でまた磨けてしまいます。軽い変色なら結構ずっとです。
なので中身がぜんぜん減りません。
たぶん普通の人ならこれ一個買えば一生使えてしまいます。
シルバーポリッシュクロスを何枚も買うよりこれ1本買ったほうがいいです。

 

おすすめの記事